新ご当地グルメ「函南カルボナーラ」に期待大!

函南カルボナーラ 静岡グルメ

近年、沼津や三島はアニメやゲームの影響で特に若い人に人気が出てきていますが、「函南町」という町はご存知ですか?函南町は静岡県の東部に位置し、沼津市、三島市、熱海市、伊豆の国市、箱根、湯河原に隣接する結構広い町です。

そんな函南町が特産品のPRをする為に、この度「函南カルボナーラ」というご当地グルメを生み出しました。今回は函南カルボナーラについて紹介させていただきます。

函南カルボナーラとは?

函南は酪農や農業が盛んな為、数多くの美味しい特産品があります。中でも有名なのが「丹那牛乳」です。丹那牛乳は昭和30年のブランド立ち上げ以降、静岡県東部の食卓には欠かせない牛乳となりました。学校給食ではほとんどの学校が丹那牛乳を採用しているため、静岡県東部の人間は丹那牛乳を飲んで育ったと言っても過言ではありません。さっぱりしているのにコクがある美味しい牛乳なため、地元に強く根付いているのではないかと思います。

函南カルボナーラは、そんな丹那牛乳や地元特産品を使って作るカルボナーラです。地元特産品を使うというルールだけ守れば、あとはお店オリジナルのカルボナーラを提供することが許されます。その店その店の味を堪能することのできる函南カルボナーラですが、お披露目は各店舗2019年の2月中旬以降からになります。

2019年3月2日(土)3月3日(日)には、道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」にて「フードフェスタ」が行われ、函南カルボナーラのお披露目会が予定されています。一度に色々な函南カルボナーラが食べることのできるイベントなので、筆者もとても興味があります。

伊豆ゲートウェイ函南とは?

伊豆ゲートウェイ函南とは、2017年の5月1日にできた、函南町にある国道136号線沿いに建てられた道の駅です。有料道路の伊豆中央道に乗る手前にあります。伊豆旅行の出発地点である門(ゲートウェイ)という意味で「伊豆ゲートウェイ函南」と名付けられました。

この道の駅では、伊豆の食材を集めた飲食店や物販店、案内所があり、伊豆の魅力を凝縮させた施設になっています。

施設内に交流室やイベント広場があり、定期的に地域の人と交流のできるイベントを催しています。

2019年3月2日(土)3月3日(日)開催のフードフェスタでは、函南カルボナーラのお披露目会の他に、地元特産品の野菜やフード、飲料など、さまさまな美味しいものが集まるイベントが開催されます。

伊豆ゲートウェイ函南の詳細


〒419-0124 静岡県田方郡函南町塚本887−1
・物産販売所 9:00~18:00
・観光案内所 9:00~18:00
(その他ショップは各ショップで営業時間は異なります。)
・コンビニ 24時間営業

函南カルボナーラ協力店一覧

函南カルボナーラ出展:函南カルボナーラ(Facebook)  2/2、2/3に行われるイベントの告知フライヤーです。

★マークが付いている企業は当日イベント出店します

★レストランKiya

「おざくなーら」
使用している特産品:おざく*、丹那牛乳、南箱根の厳選バター、函南産青菜(小松菜ほうれん草など)

*おざく…静岡県東部、三島・函南地区に伝わる郷土料理。冠婚葬祭の際に食べられた。大根や人参、ごぼう、里芋、こんにゃくなどを使った煮物のこと。

食べログ

★株式会社シェルト(グリーングリル キセツ)

「青春トマボナーラ」
使用している特産品:青春トマト(青トマト)、丹那高原トマト(赤トマト)

公式ホームページ

★酪農王国株式会社(オラッチェ)

「丹那ハコブタカルボナーラ」
使用している特産品:丹那生クリーム、丹那牛乳、南箱根ゴーダチーズ、乳の粉

公式ホームページ

★株式会社山本食品

「わさびアヒージョカルボナーラ」
使用している特産品:丹那牛乳、わさびオイルソース

公式ホームページ

ロブロイ

「函南産 濃厚チーズのカルボナーラ」
使用している特産品:丹那牛乳、南箱根ゴーダチーズ、パプリカ、パセリ、カイワレ大根

食べログ

居酒屋趣房 La風

「函丹ボナーラ:春の風」
使用している特産品:丹那牛乳、菜の花、ほうれん草、季節の野菜

静岡ナビっち

湯~トピアかんなみ

「カルボナーラバケット」
使用している特産品:トマト、南箱根のモッツァレラチーズ

公式ホームページ

 

※この項目は、材料、味の詳細がわかり次第追記致します。

まとめ

新名物なので、まだまだ詳しい情報がわからない函南カルボナーラですが、函南が自信を持ってオススメする特産品を使ってのカルボナーラに期待値が上がります。三島市の「みしまコロッケ」のように、地域に根付いてって欲しい企画です。

詳細がわかり次第、随時更新したいと思います。