搾乳機は必要?乳腺炎や腱鞘炎の予防にも効果あり!

搾乳機 必要か 子育て

出産前に育児グッズを買い揃えるのって大変ですよね。
必要な物を買い揃えていると、すぐにウン万とお金が飛んでいきます…

赤ちゃんの肌着やオムツなど、絶対に必要な物は買うけれど、「搾乳機」ってすごく微妙なライン…

私は最初、搾乳機は不要だと判断し、搾乳機に頼らずに自分の手で搾乳をしていました。

しかし産後1ヶ月にもならない頃、私は腱鞘炎になってしまい、止むを得ずに電動の搾乳機を買うことになってしまいました…。

搾乳をする頻度が高い人は、早めの搾乳機の購入またはレンタルをお勧めします。

搾乳をする時ってどんな時?

母乳育児を行う場合、一番理想的なのは赤ちゃんが自力でおっぱいを吸ってくれることです。しかし様々な理由で、直接授乳ではなく哺乳瓶での授乳をせざるを得ない場合や、搾乳せざるを得ない場合があります。

・赤ちゃんの口のサイズとお母さんの乳首の形が合わない
・吸う力が弱く、赤ちゃんがおっぱいから直接母乳を飲めない
・母乳の出が良すぎて赤ちゃんが上手に母乳を飲み込めない
・母乳が溜まっておっぱいが張っているのに、何らかの理由で授乳ができない

 

出産してからしばらくの間出てくる「初乳」には、赤ちゃんの免疫力を高めるための大切な栄養分が入っているため、出来るだけ母乳を飲ませてあげることが好ましいです。

しかし多くの赤ちゃんは生まれて間もない時には上手におっぱいを飲むことができません。その為、産院では母乳の出を良くするためのおっぱいマッサージの仕方と手での搾乳指導を行います。

搾乳機の必要性に関して助産師さんに相談してみると、搾乳機を使った方がいいと言う人と、搾乳機を使わない方がいいと言う人に意見がはっきり分かれます。搾乳機の購入を検討している人は購入するべきか否かと戸惑ってしまうかと思います。実際に私がそうでした。

確かに搾乳機にはデメリットも存在しますが、メリットの方が遥かに多いように私は感じます。

搾乳機を使うデメリット

値段が高い

搾乳機の値段はメーカーによって異なりますが、手動の物は3000円前後、自動の物は10000円前後の物がほとんどです。

搾乳する頻度や期間が短い場合は手動の物でも良いかと思いますが、頻度が多い場合には手動の物だと大変なので、自動の搾乳器を用意した方が良いかもしれません。

洗浄&消毒が面倒臭い

赤ちゃんの口に入る母乳を搾る為、哺乳瓶同様に使用後の洗浄&消毒は欠かせません。搾乳機を選ぶ際には、パーツの取り外しが簡単で、洗いやすい物を選んだ方が良いです。

搾乳が楽で搾り過ぎてしまう

搾乳機を使うと手搾りに比べ楽に搾乳ができてしまう為、調子にのって母乳を搾り過ぎてしまうことがあります。しかし、母乳を搾りきってしまうと、反対に母乳の生成が加速してしまい、おっぱいがすぐに張るようになってしまいます。

乳腺に詰まった母乳を取り除くことは大切ですが、搾り過ぎには注意が必要です。

搾乳機を使うメリット

搾乳時間の短縮

手を使っての搾乳に比べ、搾乳機を使うと効率的にリズミカルに搾乳をすることができるため、搾乳時間の短縮をすることができます。

また、搾乳をしながら別の方向を見ることもできるので、赤ちゃんの様子を気にしたり、テレビを見ることも可能になります。

育児をしている間は自分の時間を作ることがなかなか出来ません。少しの違いであったとしても、育児に使う時間の短縮をすることは、お母さんのストレスの軽減になります。

乳腺炎の予防

乳腺炎(にゅうせんえん)とは?

乳腺炎とは、長時間授乳をしなかったり、赤ちゃんが母乳を飲み残してしまうことにより、乳腺内に母乳が溜まって炎症が起こってしまうことです。出産後6週間くらいまでの間に起こりやすい病気の一つです。

乳腺炎になると、乳房に痛みを感じたり、赤く腫れ上がり発熱をしてしまうことがあります。

授乳後は、おっぱいの張りが残っていないかチェックして

授乳後には手でおっぱい全体を押し、硬く張っている部分が残っていないかチェックすることが大事です。

赤ちゃんに吸ってもらえない以上、自分で残った母乳を搾り出す必要がありますが、残った母乳を搾るのにはある程度強い力でおっぱいをマッサージしなくてはならない為、手への負担がかかってしまいます。

搾乳機を使うことで、簡単に飲み残しの母乳を搾り、乳腺炎の予防をすることが出来ます。

腱鞘炎の予防

腱鞘炎(けんしょうえん)とは?

指や手首を酷使することにより起きる、手首の痛みです。

出産直後は黄体ホルモンが多く分泌されています。黄体ホルモンには、腱鞘(けんしょう)という指を滑らかに動かす為の筋の束を収縮させる働きがあります。

出産直後、搾乳をするために手首をひねったり、指を酷使すると、収縮した腱鞘が傷ついてしまい腱鞘炎になりやすくなってしまいます。

腱鞘炎になると、子育てだけではなく家事などの日常生活を送ることが困難になるため、出産後に無理に手首を捻ったり、親指を酷使することは控えましょう。

腱鞘炎の治療法

腱鞘炎の治療法は、基本的に安静することが最重要です。しかし、手を全く使わないで子育てや家事ができるはずがありません…

ステロイド注射や手術をする方法もありますが、病院によっては母乳育児中のステロイド注射を断られることがあります。(私は地元の整形外科を2箇所受診し、2箇所ともステロイド注射することを断られました)

仮にステロイド注射を打ってもらって痛みが引いても、搾乳の頻度が多ければ腱鞘炎を繰り返してしまう可能性があります。

腱鞘炎のリスクを減らすためにも、出来るだけ出産前に、搾乳機を用意することをお勧めします。